かいじゅうたちのいるところ

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

H支配人あえての着ぐるみ!
きもかわいい“かいじゅう”たちに癒されます。

ようこそ、あうん劇場へ!

日常生活に疲れきった心を優しく癒してくれる映画に出会いました。世界的ロングセラーの絵本を映画化した「かいじゅうたちのいるところ」です。

主人公はいたずら好きな8歳の少年マックス。物語は少年と母親とのケンカから始まります。かまってもらえない寂しさから、オオカミの着ぐるみを着て悪さをするマックスに母親が激怒。泣きながら家を飛び出したマックスは、浜辺からボートに乗って海へと漕ぎ出します。やがてたどり着いたのは、とても不思議な島でした。

そこで、大きな体をした“かいじゅう”たちに出会います。危うく食べられそうになったマックスは「僕は王様だ!」と空想の物語を語ります。それを信じるかいじゅうたち。王様になったマックスは、みんなが幸せになれる王国を築こうとします。楽しい日々がしばらく続きましたが、次第に人間関係ならぬ“かいじゅう関係”に悩まされ、遂には「本当は王様じゃないのでは?」と疑われ始めてしまいます。

かいじゅうたちのいるところこの映画の真の主役とも言えるのが、きもかわいい“かいじゅう”たちです。リーダー格のキャロル、皮肉屋のジュディス、いつもクールなダグラス、などなど…。みんなとっても個性的で愛嬌があって、動くのを見ているだけで楽しくなってきます。このかいじゅうたちの表情はCG(コンピューターグラフィックス)で作られていますが、体は着ぐるみ。CGを多用した映画が主流のこの時代に、あえての着ぐるみなのです!

制作者はなぜそんな古風なやり方にこだわったのか? それは映画を観てもらえればわかります。きっと伝えたかったのは、CGにはない温かさ、手作りならではのぬくもり、そしてどことなく感じる懐かしさ。これには本当に癒されちゃいます。

原作が絵本ということもあって家族全員で楽しめる作品になっていますが、物語の世界観、展開はちょっとダークでシュール。子どもよりもむしろ大人の心に響くのではないかと思います。

さあ、みんなで“かいじゅうおどり”を始めよう!

作品紹介

「かいじゅうたちのいるところ」

  • Where the Wild Things Are
  • 2009年/アメリカ/101分
  • 監督 スパイク・ジョーンズ
  • 出演 マックス・レコーズ/キャサリン・キーナー/マーク・ラファロ
  • コメント:(1)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

H支配人、きもかわいいかいじゅう、観ましたー!

いろいろツッコミどころ満載の映画ですね(笑)
キャロルが砂漠を急いで走るシーンの顔アップには、思わず笑ってしまいました。

着ぐるみのマックス、超かわいい!!

トラックバック

トラックバックはまだありません。
トラックバックURL
http://aun-web.com/theater/2407.html/trackback

新しいコメントを記入

  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ