スラムドッグ$ミリオネア

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

過酷な人生を駆け抜けた“スラムの負け犬”が起こす奇跡!
あなたは運命の存在を信じますか?

H支配人あうん劇場、まさかの復活です!

みなさん、お久しぶりです。H支配人です。映画愛好家の私がこれまでに観てきた膨大な映画の中から、特におすすめの作品をみなさんにご紹介していきます。どうぞお楽しみに。

今回ご紹介するのは、インドを舞台にしたエネルギッシュな作品「スラムドッグ$ミリオネア」です。

主人公はインドのスラム街で生まれ育った18歳の青年ジャマール。テレビの人気番組「クイズ$ミリオネア」に出場した彼は、番組が出題する難問を次々とクリア。残り1問で全問正解!賞金2000万ルピー!…というところでなんと警察に逮捕されてしまいます。「まともな教育を受けたこともないスラムの負け犬が難問に答えられるのはどう考えてもおかしい!」と番組からイカサマ容疑をかけられてしまったのです。

彼はなぜすべての答えを知っていたのでしょうか?生まれながらの天才?やっぱりインチキ?それともただ運がよかっただけ??

アカデミー作品賞ほか、数多くの映画賞に輝いた本作は、そんな単純な謎解きだけでは終わりません。もっとドラマチックな展開を見せてくれます。

物語は、出題される難問をジャマールがどんどん突破していくクイズ番組の映像と、警察から受ける執拗な尋問、そして彼が語る過去の回想シーンを行き来しながら語られていきます。そこには、たった一人の少女を探し続け、過酷な現実を生き抜いてきた彼の姿があったのです。

本作の重要な舞台でもある「クイズ$ミリオネア」はイギリスで生まれたクイズ番組。徐々に難易度が高まっていく4択クイズに連続して正解すると、獲得できる賞金額がアップしていく。この独特のルールが人気を博し、現在までに80カ国以上で放映されています。数年前には日本でも放送され、高視聴率を記録しました。

私がこの番組の中で強く印象に残っていること。それは「ファイナルアンサー!?」と解答者に迫る司会者の姿です。映画が始まってしばらくはそのイメージが脳裏にチラついて、なかなか映画に集中できませんでした。そう、みのもんたが邪魔をするのです。

でもそんなのは最初の数分だけ。宗教暴動に巻き込まれ母を亡くし、孤児となったジャマールと兄のサリーム。同じく親のいない少女ラティカとの運命的な出逢い。そこから始まる波乱万丈の人生。エネルギッシュで疾走感あふれる物語は、観る者を映画の世界にグイグイ引き込んでいきます。

また、貧困や犯罪、宗教間の争いといったインドが抱える社会問題についても描かれていますが、そういった厳しい現実に屈しない、賑やかで活気に満ちたインドのパワーを感じさせてくれます。

あれっ?そういえば、映画に没頭していたら、みのさんの姿は頭のどこかへと消え去ってしまったようです。

一人の女性を追い続けた青年が起こす奇跡の物語。あなたもきっと運命の存在を信じたくなるはず。ぜひ、みなさんにおすすめしたい一本です。


作品紹介

「スラムドッグ$ミリオネア」

  • Slumdog Millionaire
  • 2008年/イギリス・アメリカ/120分
  • 監督 ダニー・ボイル
  • 出演 デーブ・パテル/フリーダ・ピント/マドゥル・ミッタル/アニル・カプール

  • コメント:(3)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

お帰りなさい!H支配人。
次も次も楽しみしてます。

復活を望む声多数(?)につき帰ってきました!
どんどん更新していきます!
月2回ぐらいの更新が目標?
もうすでに、次に紹介する映画のイラスト作成してます…。

H支配人より

再就職おめでとうございます(笑)
レンタルの参考にしようと、更新を楽しみにしています。

トラックバック

トラックバックはまだありません。
トラックバックURL
http://aun-web.com/theater/49.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ