アンストッパブル

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

H支配人観賞後の手汗がハンパない!
タイトルそのままの“アンストッパブル”ムービー!

ようこそ、あうん劇場へ!
今年もおすすめ映画をどんどん紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします!

2011年初回を飾る作品は、危険物を搭載した無人暴走列車を止めようとする二人の鉄道マンの活躍を描いたサスペンス・アクション『アンストッパブル』です。臨場感あふれる映像と息つく間もないストーリー展開で、文句なしに楽しめる快作です。

アンストッパブル

舞台はアメリカ東部に位置するペンシルベニア州。鉄道会社に勤めるベテラン機関士のフランクと新米車掌のウィル。初めてコンビを組んだ二人は旧式機関車1206号に乗り込み、操車場を出発します。
時を同じくして、別の操車場に停車していた最新式貨物列車777号が、些細な人為的ミスによって無人のまま発進。大量の化学薬品とディーゼル燃料を積載したまま、猛スピードで住宅密集地へと暴走していきます。
同じ路線を走っていたフランクとウィルはこの非常事態を察知し、列車の追走を開始。大惨事を阻止するべく、あまりに無謀な作戦に出るのでした…。

本作は2001年に実際に起こった貨物列車事故から着想を得ているそうです。しかし、これが事実であろうがなかろうが、この映画のダイナミズムの前には、それがどうでもいいように思えてきます。

危険物を大量に積んで時速160キロで暴走する全長800メートルの無人列車は、まるで感情を持った巨大なモンスター! 何とか列車を止めようとする鉄道会社や州警察をあざ笑うかのように、あらゆる障害物をなぎ倒しながら突き進んでいく。その迫力に、思わず釘づけになってしまいます。
さらに列車が向かう先には、小学生の団体を乗せた列車や、踏切で立ち往生するトレーラー、転覆必至の“魔の急カーブ”など、次から次へと危機が待ち構えており、終始ハラハラさせられっぱなしなのです。

そして、フランクとウィルの間に芽生える男同士の絆にも注目。年齢も仕事に対する姿勢も異なり、最初は何かにつけて対立していた二人が、危機的な状況下で同じ目的のために心をひとつにしていきます。鉄道マンとしての使命感に燃える二人が協力し合いながら、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう姿には、思わず目頭が熱くなります。

本作は99分間、暴走列車のごとくガンガン突き進んでいく、まさに“アンストッパブル・ムービー”! 私は観賞後、手のひらが汗でびっしょりでした(笑)
1月7日より全国の映画館で絶賛上演中です。大きなスクリーンでご覧になることをおすすめします!

アンストッパブル

  • Unstoppable
  • 2010年/アメリカ/99分
  • 監督 トニー・スコット
  • 出演 デンゼル・ワシントン/クリス・パイン/ロザリオ・ドーソン/ケヴィン・ダン
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/theater/5593.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ